CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    自動車保険を安くする方法!!&自動車保険一括見積もりサイト比較 最終回
    0
      1年ごとに悩まされる自動車保険。

      もっといいところが無いのか?など毎年悩んでいるような気がします。

      実際に私が比較検討する際に利用した、情報を提供します。

      また、安くする方法も書いていきます。

      今回の自動車保険の選択で重要な役割を果たしてくれた、

      自動車保険一括見積もりの進めとあわせて

      自動車保険を様々な角度から比較してみました。

      今回比較対照とした、自動車保険一括見積もりサイトは以下のとおりです。


       


      比較ばかりに気をとられ、基本を紹介していなかった気がします。

      今回は自動車保険の種類について書きます。

      皆様ご存知の内容と思いますので、簡単に記述しておきます。



      自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)

      自賠責保険は全てのドライバーが加入しなければならない強制保険です。

      車購入時や車検時に加入が義務付けられている保険で、人身事故にだけ適用されます。

      支払われる金額の限度額は、傷害で120万円、死亡に対しては3000万円、重度後遺障害に対しては4000万円と決まっています。

      任意保険
      任意保険は加入は義務付けられていませんが、自賠責で補いきれない事故に備えて、
      手厚い補償が準備されますので、是非入っておくべき保険です。

      以下に挙げる種類の保険があり、対人・対物はほぼ全てのドライバーに必要、

      他の保険もドライバーの必要に応じて、加入する保険の種類を決め、保険の限度額を決めます。

      ・対人賠償保険

       交通事故で乗車中の人や歩行中の人をケガさせたり、

       死亡させたりしたときの法律上の損害賠償に対し、

       自賠責保険を越える部分に保険金が支払われます。

       対人賠償保険の支払対象は、対人ですからあくまで他人ということに注意。

       対人賠償保険での他人とは、運転手、記名被保険者、

       およびその父母・配偶者・子以外の人。

       経済的共同体の内部では、通常、損害賠償は行われないためです。

       対人賠償保険に関しては、保険金額に制限を

       付けない「無制限」タイプが望ましいと思われます。

      ・対物賠償保険

       交通事故を起こして、他人の車やモノなどの財物に損害を与え、

       法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険です。

       バスやタクシー、電車などとの事故による休業補償分の賠償金にも、

       対物賠償保険が適用されます。

      ・搭乗者傷害保険

       搭乗者傷害保険とは、車に搭乗中の人が、

       死亡または傷害を負った場合に保険金が支払われる保険です。

       搭乗者は、同乗車と運転手を指します。

      ・自損事故保険

       単独事故や相手の過失がゼロである交通事故において、

       運転手本人が怪我、死亡をした場合は、

       自賠責や対人賠償保険は適用されません。

       そういった運転手が自らの責任で起こした事故により死亡、

       傷害した場合に保険金が支払われるのが自損事故保険です。

       自損事故保険は対人賠償保険に自動的に付帯されています。

      ・無保険車傷害保険

       他車との事故において、相手が対人賠償保険に加入していない

       「無保険車」であり十分な補償が受けられない場合に、

       この保険から保険金が支払われます。

       保険金額は自分が契約している対人保険と同じ額で、対人保険が無制限の場合は、

       無保険車傷害保険は2億円が上限となります。「無保険車」とは以下のとおり、

       ・任意保険の対人保険が付いていない車

       ・対人保険は付いているが、泥棒運転、年齢条件、

        家族限定特約などの条件違反などで保険がおりない場合。

       ・対人保険は付いているが、その保険金額が被害者の損害額に達しない場合。

       ・ひき逃げなどで加害者不明の場合。

      ※任意の対人保険加入はドライバーの常識だと思いますが、

        実際には約15%の車は加入せずに走行しています。

        無保険車傷害保険は、 SAP 、 PAP 、

        損保各社の完全補償タイプの自動車保険であれば自動的に付帯しますが、

        各々で保険範囲が異なりますので確認が必要です。

      ・車両保険

       偶然の事故により車両保険に契約している車が損害を受けた場合に、

       車の修理代などが支払われる保険です。車両保険が適用されるのは、

       ・自分にも過失がある事故での車の修理代

       ・当て逃げによる車の損傷

       ・単独事故による車の損傷

       ・車の盗難

       車両保険はいくつか種類があり補償できる範囲が異なります。

       これをどれくらいつけるのかで、保険料も大きく変わりますので、

       じっくり選びたい項目です。

       「一般車両保険」 カバー範囲が最も広く、単独事故、

       当て逃げも補償。保険料は高い。

       「エコノミー+A特約」 一般車両保険から単独事故、当て逃げを除く。

       「エコノミー」 他車との接触による損害のみ補償。保険料は安い。

      ・人身傷害補償保険

       人身傷害補償保険は、事故によって車に乗っていた人が

       死亡したり怪我をした場合に、その責任、過失割合にかかわらず、

       保険会社の基準によって「実損害額」の保険金が支払われる保険です。

       車に乗っていた人の損害は基本的に無条件に補償され、

       また記名被保険者と配偶者、

       およびその同居親族、別居の未婚の子にあたる人が、

       歩行中に自動車事故にあった場合にも補償されます。


      以上、今まで4回にわたり自動車保険について説明してきました。
      これらのことを加味し、同じ条件にしてさまざまな保険会社で比較することで安い保険を選ぶことが出来ます。
      しかし、各保険会社のHPで何度も同じ事を入力するのはかなり疲れます。

      そこで、自動車保険見積もり一括請求サイトが役立ちます。
      以下のようなサイトがそうです。

      入力は一度ですみます。
      私も何度か利用していますが、かなり便利です。

      いっぱい保険会社から、電話とかDMがきてしまうんではないか?
      と心配されると思います。

      私も、最初はそう思いました。
      まず、電話はありませんでした。
      DMもほとんどありません。

      見積もり内容が記された郵便が届いただけです。

      さらに、毎年自動車保険更新の時期に、DMがくるのは
      加入している保険会社と、アクサだけでした。

      そう考えると、アクサは毎年しっかり、これだけ安くなりますと丁寧に手紙が着ます。

      今年は、アクサにしてみようかなぁというきになっています。

      サービスやそういう気遣い等を考えるとアクサが一番なのかなぁという気がしています。

      こういった感じで一括サイトを使っても全然問題ありません!むしろ便利なのでどんどん使ってみるといいと思います。

       

      | 保険 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(1) |
      | 1/4PAGES | >>